葬儀や法要におけるお坊さんの仕事・役割

仕事内容を把握しておこう

ありがたいお話を聞こう

説法をしてくれるお坊さん

お坊さんは、毎日修行を積み重ねています。
その時の経験を活かして、ありがたいお話をしてくれるので聞いてください。
説法をすることも、葬儀や法要におけるお坊さんの大事な仕事の1つです。
お坊さんのお話を聞くことで、故人を笑顔で見送ることができるかもしれません。
大事な人が亡くなることは、誰だって悲しいです。

ですが悲しんでいるままでは、故人が心配してしまうのであの世へ送り出すことができません。
悲しむことは悪いことではありません。
ですが葬儀の最後には、明るい気持ちを取り戻してください。
すると故人は安らかに眠れます。
お坊さんはそのような話をしてくれるので、悲しみの心を癒せるでしょう。
辛い時ほど、お坊さんの話に耳を傾けてください。

子供でも簡単に理解できる内容

小さな子供が、葬儀や法要に参加することがあると思います。
ですがお坊さんのお話を聞く時に、子供が騒いだり飽きたりしてしまうのではないかと心配する人がいるでしょう。
お坊さんは、子供がいるなら普段よりもわかりやすく、丁寧にお話をしてくれます。
ですから、子どもが飽きることはありません。
むしろ子供にとって、新鮮な話に聞こえるかもしれません。

普段聞いたことがない話なので、大人よりも集中して聞いてくれるでしょう。
子供が騒いだらいけないと思って、葬儀に参加させない人が見られます。
ですが子供でも、お坊さんの説法の話を真剣に聞いてくれるので、参加させてください。
ありがたいお話を聞いて、やさしい気持ちを理解できるはずです。