葬儀や法要におけるお坊さんの仕事・役割

仕事内容を把握しておこう

故人を供養することが大きな目的

何のために唱えるのか

葬儀の時に、お坊さんを呼びます。
お経を唱えてもらうことで、故人が安らかに眠れます。
しっかりとした葬儀をしないと、故人がいつまでもあの世へ行けず、この世をさまよってしまいます。
大切な家族が、そのようなことになったら大変ですよね。
お坊さんを呼ぶことを、忘れないでください。
葬儀では、数人でお経を唱えることもあります。

1人だけでは準備が大変ですし、華やかさがありません。
華やかに見せたり、弟子にお経を唱えている姿を見せるため、数人でお経を唱えるスタイルが増えています。
自宅で葬儀をする人もいるでしょうが、お経を唱えられるスペースがあるのか確認してください。
お坊さんの座るスペースがない場合は、お寺や葬儀社で葬儀をしましょう。

早めに予約しておくのがおすすめ

お坊さんは法要でも、お経を唱える仕事を担っています。
葬儀が終わっても、何日か経過したら再びお経を唱えなければいけないので、忘れないでください。
またお彼岸やお盆には、亡くなった人の魂が帰ってくると言われています。
そのときにお経を唱えて、再びあの世へ帰れるようにお経を唱えます。
お坊さんにとって、特に忙しいのがその時期です。

お経を唱えてもらうなら、早めに依頼してください。
1日に何件ものお寺や葬儀社、各家庭を訪問するぐらい忙しいので、早くしないと順番が後になってしまいます。
この日にお経を唱えてもらいたいと言っても、依頼がたくさん入っている時は受け付けてもらえません。
都合のいい日に来てもらえるよう、早く連絡しましょう。