葬儀や法要におけるお坊さんの仕事・役割

仕事内容を把握しておこう

LINKS

念仏宗の総本山を直撃!

兵庫県にある念仏宗の総本山へ行ってきました!美しい建築物と厳かな雰囲気でより仏教を理解出来る!

安らかに眠れるように唱える

誰かが亡くなったら、お経を唱えて個人が安らかに眠れるように促します。
お坊さんが、お経を唱えてくれます。
葬儀や法要の時に呼ばれることが多いので、お盆やお彼岸は休みなしで仕事をするお坊さんも見られます、
お経を唱える際は、一人の時もありますが数人で唱えることも多いです。
その場が寂しくならないよう複数で唱える他、若手を育成するために自らがお経を唱える様子を見せることも目的になっています。

それだけが、お坊さんの仕事ではありません。
葬儀や法要では、ありがたいお話を聞くことができます。
大切な人が亡くなれば悲しいですが、いつまでも悲しんでいると故人が成仏できません。
どうすれば個人が成仏して、安らかに眠れるのか教えてくれます。
悲しみを癒せるかもしれないので、集中してお坊さんのお話を聞いてください。
仏教に関わるお話なので、難しいと思っている人がいるでしょう。
ですが、分かりやすく内容を説明してくれるので、興味を持って聞けるはずです。

また、最近は終活について話してくれるお坊さんも多いです。
自分が急にこの世を去ることになったら、残された家族が困ります。
家族が困らないよう、身辺整理などをしてからあの世へ旅立つことを終活といいます。
終活に興味を持っている人が増えているので、葬儀や法要という場を借りてどんなものなのか説明します。
お坊さんの話を聞く機会は、そう頻繁に訪れません。
この機会を利用して、しっかり聞きましょう。

故人を供養することが大きな目的

人間は亡くなったら、あの世へ行くと言われています。 無事にあの世へ行くことが、成仏することに繋がります。 お経を唱えることで、スムーズにあの世へ行ける手助けをします。 修行を積んだお坊さんに唱えてもらってください。 般人が適当にお経を唱えても、効果はありません。

ありがたいお話を聞こう

法事や法要の時に、お坊さんはありがたいお話をしてくれます。 故人が亡くなって悲しいでしょうが、お話を聞くことで悲しみを少しは癒せるかもしれません。 非常にいいお話ばかりなので、集中して聞いてください。 お坊さんはわかりやすく説明してくれるので、誰でも理解できます。

これからに向けての準備

最近は葬儀や法要の場で、終活について話すお坊さんも増えています。 終活という言葉を、みなさんも聞いたことがあるでしょう。 人生の終わりに向けて、事前に様々な準備をすることです。 準備をしていれば、急に自分がいなくなっても残された家族が心配することはありません。